メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NTT東、喜びを報告 本社訪問

第88回都市対抗野球大会で優勝し、毎日新聞東京本社を訪れ優勝報告をした東京都・NTT東日本の選手と関係者ら=東京都千代田区で2017年7月26日、宮間俊樹撮影

 25日に東京ドームで決勝があった第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)で36年ぶり2回目の優勝を果たした東京都・NTT東日本の報告会が26日、毎日新聞東京本社であった。さいたま市・日本通運に4本塁打で打ち勝った決勝から一夜明け、飯塚智広監督(41)と選手が喜びを語った。

     就任4年目の飯塚監督は「うちはエースも4番もいない。みんなで戦い、いいチームワークが保たれている。他のチームが立ち向かってくる立場になるが、優勝におごることなく、はね返せるようになりたい」と語った。

     決勝で本塁打を放った越前一樹主将(28)は「スタンドとグラウンドが一体となり、全員野球で勝ち取った優勝だと思う。2連覇、3連覇できるチームを作っていきたい」と意欲を燃やした。

     毎日新聞社の丸山昌宏社長は「飯塚監督が準決勝まで見せなかったガッツポーズを何度もされ、本当にうれしさが伝わってきた。JX-ENEOS(横浜市)以来の連覇を目指し、さらに強くなってほしい」と述べた。【江連能弘】

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月25日の試合

    話題の記事

    関連サイト