メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深掘りちば

都市対抗野球、県勢予選敗退 選手若返りで明暗 /千葉

県勢同士の対決となった敗者復活1回戦はかずさマジックがJFE東を降した。左はJFE東の中野大地主将(当時)=ZOZOマリンスタジアムで

 東京ドームで7月にあった第88回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)。NTT東日本(東京都)が優勝、日本通運(さいたま市)が準優勝を飾った今大会に県勢の姿はなかった。昨年はJFE東日本(千葉市)と新日鉄住金かずさマジック(君津市)がそろって出場。いずれも1回戦で敗れ雪辱を誓ったが、今年は両チームとも最終予選の南関東大会(6月)で埼玉県勢から一勝も挙げられずに敗退した。不振の背景を探ると、チームの若返りを巡る埼玉県勢との明暗が見えてきた。【秋丸生帆】

この記事は有料記事です。

残り4330文字(全文4563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 元警部銃撃 工藤会トップら2人に2審も賠償命令 初の高裁判決

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです