メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本クラブ野球選手権

あす開幕 4回目Vへ、士気高く 箕島球友会、投打に好調 /和歌山

カナフレックス(滋賀)とのオープン戦で投球する寺岡大輝投手=和歌山県有田市宮崎町のマツゲン有田球場で、木原真希撮影

 埼玉県所沢市のメットライフドームで9月1日に開幕する第42回全日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)に、和歌山箕島球友会が西近畿地区代表として2年ぶりに出場する。各地区代表の計16チームで争われ、優勝チームは社会人野球日本選手権大会(京セラドーム大阪)への出場権を得る。今年のチームは投手陣の層が厚く、主軸も長打力があり、2年ぶり4回目の優勝を目指して士気も高まっている。【木原真希】

 チームは、6月の大阪・和歌山1次予選、7月の西近畿予選にそれぞれ優勝し、出場を決めた。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです