メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
社会人野球

沖縄電力が代表に 日本選手権九州予選

 社会人野球の第43回日本選手権九州地区予選(日本野球連盟九州地区連盟、毎日新聞社主催)は5日、宮崎市のアイビースタジアムで代表決定戦など2試合があった。代表決定戦では、沖縄電力が九州三菱自動車(福岡)を3-2で破り、6大会ぶり4回目の出場を決めた。沖縄電力は同点の七回に金城秀の右中間三塁打で勝ち越し、狩俣と伊波伸の継投で逃げ切った。

     敗者復活戦はJR九州(福岡)の右腕佐々がホンダ熊本打線を完封。6日は九州三菱自動車とJR九州が最後の代表の座を争う。

    九州(宮崎・アイビー)

     ▽敗者復活戦

    JR九州

    000001005◆6

    000000000◆0

    ホンダ熊本

    (J)佐々-牛島(ホ)荒西-船津

     ▽代表決定戦

    沖縄電力

    000020100◆3

    001010000◆2

    九州三菱自動車

    (沖)狩俣、伊波伸-山川(九)谷川-林▽本塁打 山川(沖)隈本(九)

    (沖縄電力は6大会ぶり4回目)

    好守でチームを救ったJR九州の左翼手・藤島

     JR九州の左翼手・藤島が好守でチームを救った。1点リードの七回の守備。2死一、三塁のピンチで、ファウルグラウンドへ飛んだライナー性の当たりを、フェンスを恐れず突っ込み、スライディングキャッチ。その後も好守で先発の佐々の完封をアシストした。「諦めない姿勢を示せた。次も1球で全てが変わることをチームに意識させたい」と藤島。勝負どころを心得た34歳のベテランが代表決定戦に挑む。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    3. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる
    4. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
    5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]