メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球・監督考

JX-ENEOS・山岡剛氏

山岡剛氏=村田隆和撮影

 --11月2日開幕(京セラドーム大阪)の日本選手権は関東予選で出場を決めた。

 ◆予選を勝ち抜いて2大大会に出場するのは2015年の都市対抗以来。大きな試合と位置づけて勝ち、選手は自信になっただろう。活気も出てきた。自分の結果に重きを置いていた選手がチームを軸に考えるようになった。主将の山崎錬や前主将の渡辺がチームをまとめてきたが、中堅の岡部や松本、若手の若林も発言するようになった。

 --都市対抗予選敗退からの立て直しは。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです