メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球・監督考

JX-ENEOS・山岡剛氏

山岡剛氏=村田隆和撮影

チームに自信と活気

 --11月2日開幕(京セラドーム大阪)の日本選手権は関東予選で出場を決めた。

 ◆予選を勝ち抜いて2大大会に出場するのは2015年の都市対抗以来。大きな試合と位置づけて勝ち、選手は自信になっただろう。活気も出てきた。自分の結果に重きを置いていた選手がチームを軸に考えるようになった。主将の山崎錬や前主将の渡辺がチームをまとめてきたが、中堅の岡部や松本、若手の若林も発言するようになった。

 --都市対抗予選敗退からの立て直しは。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです