メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/2 NTT東日本(関東・東京)

投球練習するNTT東日本の西村天裕(左)や堀誠(中央)

新戦力の台頭、不可欠

 NTT東日本が2015年の日本生命以来、史上4チーム目の「夏秋制覇」に挑む。日本選手権の過去最高は10年のベスト4。7月の都市対抗で36年ぶり2回目の優勝を果たした飯塚智広監督は「日本一の目標が達成でき、『都市対抗ロス』のようなものが少なからずあった」と振り返る。

 都市対抗制覇に伴う選手の喜びと周囲の祝福は想像以上だった。主将の越前一樹は「8月はフワフワしていた」と、地に足がつかない状態だったことを明かした。

 8月下旬の東京都企業秋季大会は初戦で明治安田生命に競り負けて3位に終わった。投手陣を引っ張る大竹飛…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです