メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/3 JR九州(九州・福岡)

日本選手権予選から正捕手になりチームを引っ張ったJR九州の新人・牛島(中央)

監督期待応えた新人

 今夏の都市対抗野球九州予選第3代表決定戦。先発メンバーにJR九州の揺らぎが感じられた。2009年の日本選手権優勝、翌年の都市対抗準優勝を経験した「浜野雅慎-中野滋樹」のバッテリー。若返りのチーム方針で外れていたベテランコンビを復活させた。「最後の手段」も及ばず、都市対抗への切符が7年連続で途絶えた。

 昨シーズン、ヘッドコーチから昇格して野中憲二監督が就任。頂点を知る選手が引退していく中、「世代交代…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです