メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/4 和歌山箕島球友会(近畿・和歌山)

全日本クラブ選手権で優勝し、西川監督を胴上げする和歌山箕島球友会の選手たち=長谷川直亮撮影

悲願の企業チーム打倒

 5度目の挑戦で、悲願の初勝利を目指す。和歌山箕島球友会のエース寺岡大輝は「クラブチームは企業チームには勝てないという先入観を持たれている。全国の代表として、企業チームに勝ってクラブチームの評価を上げたい」と、強い意気込みを口にする。

 日本選手権にクラブチームが出場する道が広がったのは2006年。大会活性化などを目的に、都市対抗とともに全日本クラブ選手権の優勝チームに出場権が与えられるようになった。和歌山箕島球友会は同年のクラブ選手権で初優勝し、「クラブ日本一」として日本選手権に臨んだ最初のチームだ。

 10年からはクラブ選手権予選と日本選手権予選は原則として重複出場できないことになり、クラブ選手権を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです