メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/5止 JR東日本(関東・東京)

社会人野球の集大成となる日本選手権に向け、闘志を燃やすJR東日本の田嶋

「ポスト」田嶋、融合カギ

 26日のドラフト会議で指名を受けてプロ入りする選手にとって、日本選手権はアマチュア最後の大会となる。今大会の出場32チームから指名されたのは19人。JR東日本のエースで、オリックス1位の田嶋大樹は「社会人の集大成として優勝で締めくくりたい」と意気込みを口にする。

 JR東日本は都市対抗を制した2011年から昨年までに十亀剣(西武)、田中広輔(広島)ら計14人をプロに送り出してきた。今年もエースが抜けることになるが、就任13年目の堀井哲也監督は「不安以上に誰が(穴を)埋めるかというワクワク感が大きい」と前向きだ。チームメートのプロ入りは他の選手にとって「次は自分も」という刺激となり、「プロを目指せるチーム」という評価が有望な新人獲得につながる好循環も生んでいる。

 「社会人ナンバーワン左腕」の田嶋のドラフト指名は今季当初から織り込み済みだったが、エースに次ぐ存在…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです