メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/5止 JR東日本(関東・東京)

社会人野球の集大成となる日本選手権に向け、闘志を燃やすJR東日本の田嶋

「ポスト」田嶋、融合カギ

 26日のドラフト会議で指名を受けてプロ入りする選手にとって、日本選手権はアマチュア最後の大会となる。今大会の出場32チームから指名されたのは19人。JR東日本のエースで、オリックス1位の田嶋大樹は「社会人の集大成として優勝で締めくくりたい」と意気込みを口にする。

 JR東日本は都市対抗を制した2011年から昨年までに十亀剣(西武)、田中広輔(広島)ら計14人をプロに送り出してきた。今年もエースが抜けることになるが、就任13年目の堀井哲也監督は「不安以上に誰が(穴を)埋めるかというワクワク感が大きい」と前向きだ。チームメートのプロ入りは他の選手にとって「次は自分も」という刺激となり、「プロを目指せるチーム」という評価が有望な新人獲得につながる好循環も生んでいる。

 「社会人ナンバーワン左腕」の田嶋のドラフト指名は今季当初から織り込み済みだったが、エースに次ぐ存在…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り 閉幕 騒動よそに熱気あふれる
  2. 阿波踊り 熱気受け総踊り強行 絶賛、批判の声交錯 徳島市自粛再要請 会場に怒号、一時騒然 /徳島
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 夏の高校野球 報徳学園が8強一番乗り 愛工大名電降す
  5. 羽生結弦選手 映画「殿、利息でござる!」は“例外出演” 出演快諾の理由と熱い思い明かす

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです