メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

三菱重工神戸・高砂 チーム救ったエース守安

【三菱重工神戸・高砂-フェデックス】力投する三菱重工神戸・高砂の先発・守安=京セラドーム大阪で2017年11月2日、平川義之撮影

 ○三菱重工神戸・高砂(近畿・兵庫)4-1フェデックス(北信越・長野)●(延長十六回タイブレーク、第43回社会人野球日本選手権大会1回戦、2日・京セラドーム大阪)

 苦しみ抜いたチームを救ったのは、やはり不動のエースだった。三菱重工神戸・高砂の守安が延長十六回を5安打1失点で完投し、チームに2大会ぶりの白星を呼び込んだ。

 フェデックス投手陣との息詰まる投手戦の中で、ベテランらしく硬軟織り交ぜた投球を見せた。1-1で迎え…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文571文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです