メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本通運が逃げ切る 沖縄電力、反撃届かず

【日本通運-沖縄電力】三回表日本通運無死、関本が左越え本塁打を放つ=京セラドーム大阪で2017年11月4日、川平愛撮影

 ○日本通運7-5沖縄電力●(日本選手権1回戦・4日)

     日本通運が逃げ切り。一回に関本の2点適時三塁打や敵失などで4点を先取。三回には関本の左越えソロなどで3点を追加した。二回途中から登板の2番手・池田は6回超を無安打、無四死球。沖縄電力は二回に内間滝の2点適時打などで反撃したが、届かなかった。

     日本通運・藪宏明監督 (2番手の)池田がよく投げ、試合を落ち着かせてくれた。九回はヒヤヒヤした。生田目は、速いだけでは打たれてしまう。

     沖縄電力・古謝景義監督 (三回途中から救援した2番手の)伊波伸は、苦しい中で助けてくれた。それがあったから最後に接戦にもっていけた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    2. 宮崎牛 米アカデミー賞で“世界デビュー”決定
    3. 平昌五輪2018 カーリング 女子 笑顔と涙、英と3位決定戦 初回の3失点、最後まで響く
    4. クローズアップ2016 世界一、マカオ苦悩 格差広げたカジノ
    5. 架空請求相談 急増 今月46件 注意呼び掛け 名張 /三重

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]