メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1は7月4日再開 J2、J3は6月27日 実行委が発表
社会人野球

元球児の父の夢実現へ プロ指名の日生・神里

日本生命の神里和毅選手=京セラドーム大阪で2017年11月10日、川平愛撮影

 第43回社会人野球日本選手権大会に出場している日本生命(大阪)の神里和毅外野手(23)は、先月のプロ野球ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから2位指名を受けた。甲子園に4季連続出場した元球児の父昌二さん(57)の影響で始めた野球。「父の夢だったプロで活躍し、喜ばせたい」。11日の準決勝で日本新薬(京都)に挑み、社会人の集大成として頂点を目指す。【加藤佑輔】

 「やった。和毅が指名を受けたぞ」。ドラフト会議があった10月26日夜、故郷の沖縄県南風原(はえばる)町の山川集落センターに昌二さんの声が響いた。家族や地元住民ら約60人がテレビの前で見守り、神里選手の名前が挙がった瞬間、歓声と拍手がわき起こった。「今度あの子が帰ってきたら、ありがとうと言いたい。1軍で活躍し、子どもたちの憧れの選手になってほしい」

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです