メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日本選手権 最終日・決勝(その1) トヨタ、信頼の栄冠

【トヨタ自動車-日本生命】先発し五回途中まで無失点に抑えたトヨタ自動車の小出=京セラドーム大阪で2017年11月12日、小松雄介撮影

 (12日・京セラドーム大阪)

 決勝があり、トヨタ自動車(東海・愛知)が決勝では初対戦となった日本生命(近畿・大阪)を3-1で破り、3大会ぶり5回目の優勝を果たした。トヨタ自動車は2007年の第34回大会で初優勝して以来、直近10大会で5回の制覇。優勝回数は住友金属(廃部)の7回に次ぐ歴代2位。日本生命は15年の「夏秋連覇」以来2大会ぶり4回目の優勝は果たせなかった。最高殊勲選手賞(MVP)には多木裕史外野手(トヨタ自動車)、敢闘賞には高橋拓已投手(日本生命)が選ばれた。(4面にトヨタ自動車・桑原監督の「ひと」)

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2104文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです