メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心も鍛え、巻き返す

 --11月の日本選手権は、関東最終予選で(オリックスからドラフト1位指名された)左腕・田嶋を擁するJR東日本に惜敗し、出場を逃した。

 ◆負ける悔しさは選手の時より大きかった。打線は田嶋投手の生きた球に食らいつこうとし、終盤まで接戦ができた。田嶋投手の持つエースの責任感を、うちの投手陣も見て感じていた。ただ、負けて学ぶより勝って学びたい。

 --社会人の選手生活21年間で学んだことは。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです