メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 --11月の日本選手権は、関東最終予選で(オリックスからドラフト1位指名された)左腕・田嶋を擁するJR東日本に惜敗し、出場を逃した。

 ◆負ける悔しさは選手の時より大きかった。打線は田嶋投手の生きた球に食らいつこうとし、終盤まで接戦ができた。田嶋投手の持つエースの責任感を、うちの投手陣も見て感じていた。ただ、負けて学ぶより勝って学びたい。

 --社会人の選手生活21年間で学んだことは。

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです