メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JR九州創部100年 社長「さらに飛躍を」

納会で来季の意気込みを語るJR九州の野中監督(中央)=北九州市のステーションホテル小倉で2017年12月21日午後7時38分、生野貴紀撮影

 創部100年を迎えた社会人野球のJR九州が21日、北九州市で納会を開いた。同社の青柳俊彦社長が「100年を迎えてこれからさらに飛躍を遂げていく所存であると思う。ぜひ(今年の)悔しさを来年の大会にぶつけて、実績を上げていただきたい」とあいさつした。

     JR九州は九州鉄道管理局時代に発足。数年後に門司鉄道局となり、1927年の第1回都市対抗野球大会に出場。第10回大会(36年)で初優勝した。87年に民営化でJR九州となり、2009年には第36回日本選手権で初優勝を果たした。

     今年は8年連続の都市対抗出場を逃し、2年ぶりに出場した日本選手権では1回戦で敗退した。野中憲二監督は「101年目のスタートとして自分たちの手で新しい歴史を作っていけるよう一日一日精進していく」と決意を語った。【生野貴紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
    2. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
    3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
    4. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人
    5. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]