メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

投げずに敬遠、プロは今季にも 合同規則委が決定

敬遠されるソフトバンクの内川(右)=ヤフードームで、和田大典撮影

 野球のプロとアマチュアの合同規則委員会が11日、東京都内で開かれた。2018年の公認野球規則を改定し、守備側の監督が敬遠する意思を球審に伝えれば投球せずに四球になる「申告敬遠」のルールの採用を決めた。20年東京五輪での野球競技復活などに向け、国際基準との統一性を図ることが狙い。米大リーグでは昨季から導入されている。

 従来通り、投球した上での敬遠も可能で、守備側の監督にとっては戦術上の選択肢が広がる。規則の実施は運営団体に委ねられており、プロ野球では今季からの導入に向けて、今月下旬の実行委員会などで話し合う。アマチュア球界でも各団体内の会議で導入時期などを検討する。

 また、投手が投球に関連する動作を起こした際、途中で止めるなどの「2段モーション」を、公認野球規則上の反則投球の項目から削除することも決めた。プロ野球では06年から厳格に運用していたが、米大リーグや国際大会時の海外審判員で同様の判定をする者がほとんどおらず、「日本だけが厳格」との声がプロ・アマ双方の関係者から上がっていた。

 昨年のプロ野球では西武の菊池雄星投手が2試合で計3回、2段モーションによる反則投球の宣告を受けた。走者がいる場合、2段モーションで投げると、現在と変わらずボークを宣告される。【熊田明裕】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
  2. 佐藤エリ カラコン愛用のノンノモデルに「目の表層障害」が…
  3. 自民 「借りたつもり…」園田博之氏、現金授受認める
  4. アートの扉 レアンドロ・エルリッヒ 「反射する港」 この現実、当たり前?
  5. 大塚食品 発売50周年で新商品「ボンカレー50」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]