メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

投げずに敬遠、プロは今季にも 合同規則委が決定

敬遠されるソフトバンクの内川(右)=ヤフードームで、和田大典撮影

 野球のプロとアマチュアの合同規則委員会が11日、東京都内で開かれた。2018年の公認野球規則を改定し、守備側の監督が敬遠する意思を球審に伝えれば投球せずに四球になる「申告敬遠」のルールの採用を決めた。20年東京五輪での野球競技復活などに向け、国際基準との統一性を図ることが狙い。米大リーグでは昨季から導入されている。

 従来通り、投球した上での敬遠も可能で、守備側の監督にとっては戦術上の選択肢が広がる。規則の実施は運…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. センバツ入場行進曲に「世界に一つだけの花」と「どんなときも。」 槙原敬之さん作詞作曲
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです