メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊アマ野球

指導者に聞く 日本一だけでは満足せず 東芝監督・平馬淳氏(42)

 都市対抗で歴代2位、7度の優勝を誇る東芝の新監督に平馬淳氏が就任した。選手として都市対抗優勝経験があり、2000年シドニー五輪で日本代表としても活躍した。初めての監督業。どうチームのかじを取るのかを聞いた。【村田隆和】

 --就任してまず選手に伝えたことは。

 ◆「主体性を持ってやりなさい」と伝えた。練習をやらされている文化が昔から野球にはあったが、まだ残っていると思う。「自らが行動して責任を持ち、練習して生活を送ろう」と話した。もう一つはセカンドキャリアについて。野球だけをやっていればいい時代ではない。会社あっての野球部。自分でどうしたらいいのか方法論はそれぞれが見つけてほしい。

 --会社の経営再建もあり、昨季は野球に集中することが難しかった。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1084文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚 「笑顔あふれる家庭を」柴崎選手と真野さん
  2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
  3. サッカー 柴崎岳選手が女優の真野恵里菜さんと結婚
  4. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ
  5. 真野恵里菜 柴崎岳選手との結婚発表 「ひたむきに努力し続ける彼はとてもすてき」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]