メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球・監督考

JFE東日本・落合成紀氏

JFE東日本の落合成紀監督

より緊張感ある組織に

 --監督に就任した昨年8月から7カ月たった。どのようなチーム作りをしてきたか。

 ◆より緊張感のある組織を目指そうと、あえて口を酸っぱくして言うようにしている。その上で明るさを忘れないように。新人7人が入部予定で競争意識は高まる。雰囲気は徐々に変わっている。

 --変えた部分は。

 ◆練習量だ。以前の倍に増やした。社会人は考えすぎて、体が動かないことがある。自然と体が反応するくらいまでの練習が必要。まずは日本一の練習量を目標にしている。特に冬場は「土台作り」をテーマに、走り込みを徹底した。土台がないと上積みもない。

 --今季から申告敬遠が導入され、タイブレーク制度が変わる。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文911文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]