メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球・監督考

JFE東日本・落合成紀氏

JFE東日本の落合成紀監督

より緊張感ある組織に

 --監督に就任した昨年8月から7カ月たった。どのようなチーム作りをしてきたか。

 ◆より緊張感のある組織を目指そうと、あえて口を酸っぱくして言うようにしている。その上で明るさを忘れないように。新人7人が入部予定で競争意識は高まる。雰囲気は徐々に変わっている。

 --変えた部分は。

 ◆練習量だ。以前の倍に増やした。社会人は考えすぎて、体が動かないことがある。自然と体が反応するくらいまでの練習が必要。まずは日本一の練習量を目標にしている。特に冬場は「土台作り」をテーマに、走り込みを徹底した。土台がないと上積みもない。

 --今季から申告敬遠が導入され、タイブレーク制度が変わる。

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです