メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA県野球連盟会長杯 西部ガス、連続V 最高殊勲賞に永利選手 /福岡

明 八回表1死、勝ち越しのソロ本塁打を放った西部ガスの永利選手(右)

 第60回JABA県野球連盟会長杯社会人野球大会(県野球連盟主催、毎日新聞社後援)は26日、苅田町の日産スターグラウンドで準決勝と決勝があった。決勝は西部ガスがJR九州を9-4で降し、2季連続5回目の優勝を果たした。

     主砲の一振りが試合を動かした。西部ガスは同点で迎えた八回、4番・永利拓也選手の本塁打で勝ち越し。九回にも適時三塁打で突き放し試合を決めた。JR九州は、三回に佐野洋樹選手の適時打で一時勝ち越したが、西部ガスの救援陣を打ち崩せなかった。

     準決勝では西部ガスが嘉麻市バーニングヒーローズに、JR九州が福岡オーシャンズ9にいずれもコールド勝ちした。

     最高殊勲選手賞は永利拓也選手(西部ガス)、敢闘賞は犬塚慶選手(JR九州)、首位打者は3試合で打率7割だった正木慎也選手(西部ガス)がそれぞれ選ばれた。【宮城裕也】

     ▽準決勝

    嘉麻市バーニングヒーローズ

      00000=0

      1335×=12

    西部ガス

     (五回コールド)

    福岡オーシャンズ9

      0010000=1

      212302×=10

    JR九州

     (七回コールド)

     ▽決勝

    西部ガス

      210010032=9

      103000000=4

    JR九州

    〔福岡都市圏版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    2. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    3. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
    4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
    5. 北朝鮮 威嚇のち融和 正恩氏の真意は

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]