メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツプラスα

社会人野球も球春到来 大卒即戦力中心、実績十分 新入団選手、将来のチームの核に

 社会人野球のシーズンが始まり、九州を拠点に活動する各チームも都市対抗、日本選手権制覇という大きな目標に向けて、新入団選手を迎えた。主なチームの、魅力あふれる新戦力を紹介する。【佐野優、角田直哉】

 JR九州は昨年、都市対抗出場を逃し、巻き返しを誓う。占部投手はチーム一、二の速球が持ち味。畑中投手は技巧派の左腕で野中監督も「今季の鍵を握る」と期待は大きい。昨年の都市対抗九州第1代表の西部ガスは香田誉士史監督が就任し全国初勝利を目指す。久留米大卒の田中投手は球にキレがあり、九州六大学で2度のベストナインに選ばれた実力者。岩崎投手は140キロ超の速球が武器。エースの谷川昌希投手がプロ入りした九州三菱自動車は、計7選手が新加入した。本田投手は熊本・文徳高3年の春季九州大会準々決勝で完全試合を達成した。千葉選手は岩手・花巻東高時代に「カット打法」で注目された。

 ホンダ熊本は、ホンダ鈴鹿から移籍した片山投手が、3月のJABA東京スポニチ大会で2試合に先発して準優勝に貢献した。山本選手は長打力を武器とする将来の4番候補だ。鮮ど市場ゴールデンラークスも8人が新加入。伊藤、井上両選手は国際武道大4年時に全日本大学選手権準優勝に貢献し、実績十分。合木投手は大学の準硬式野球部からの加入と、異色の経歴を持つ。

この記事は有料記事です。

残り2180文字(全文2731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです