メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツプラスα

社会人野球も球春到来 大卒即戦力中心、実績十分 新入団選手、将来のチームの核に

 社会人野球のシーズンが始まり、九州を拠点に活動する各チームも都市対抗、日本選手権制覇という大きな目標に向けて、新入団選手を迎えた。主なチームの、魅力あふれる新戦力を紹介する。【佐野優、角田直哉】

    甲子園経験者や元プロ選手にも期待

     JR九州は昨年、都市対抗出場を逃し、巻き返しを誓う。占部投手はチーム一、二の速球が持ち味。畑中投手は技巧派の左腕で野中監督も「今季の鍵を握る」と期待は大きい。昨年の都市対抗九州第1代表の西部ガスは香田誉士史監督が就任し全国初勝利を目指す。久留米大卒の田中投手は球にキレがあり、九州六大学で2度のベストナインに選ばれた実力者。岩崎投手は140キロ超の速球が武器。エースの谷川昌希投手がプロ入りした九州三菱自動車は、計7選手が新加入した。本田投手は熊本・文徳高3年の春季九州大会準々決勝で完全試合を達成した。千葉選手は岩手・花巻東高時代に「カット打法」で注目された。

     ホンダ熊本は、ホンダ鈴鹿から移籍した片山投手が、3月のJABA東京スポニチ大会で2試合に先発して準優勝に貢献した。山本選手は長打力を武器とする将来の4番候補だ。鮮ど市場ゴールデンラークスも8人が新加入。伊藤、井上両選手は国際武道大4年時に全日本大学選手権準優勝に貢献し、実績十分。合木投手は大学の準硬式野球部からの加入と、異色の経歴を持つ。

     宮崎梅田学園は、昨春の九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会で最優秀選手賞を獲得し、チームを全日本大学選手権に導いた東海大九州の牛丸、昨秋の同大会を制した沖縄大の山城の両投手が加入し、投手力アップが期待される。沖縄電力の左腕・栄野川投手は直球、変化球の組み合わせで打者を手玉に取る。沖縄尚学高時代に2度の甲子園を経験した知念選手は、俊足巧打でかき回す。エナジックは阪神に所属していた西村投手に期待がかかる。

     ◆社会人野球で飛躍期す魅力あふれる新戦力

    右本格派 クラブから企業チームへ JR九州・占部雄太投手

     1年間のクラブチームを経て今年からJR九州で飛躍を期す速球派右腕。大学で野球を辞めるつもりだったが、「企業で野球をできるのはありがたい。大事なところで投げさせてもらえる存在になりたい」と決意を語る。

     福岡県行橋市出身。福岡大時代は、右肘や腰などの故障を繰り返し、公式戦の舞台には立てなかった。就職活動で内定をもらい、野球に一区切り付けるつもりだった。しかし、単位不足で卒業が遅れたことが転機となる。先輩に誘われて、クラブチームの福岡オーシャンズ9に加入。平日の週5日、福岡市内のコールセンターで働いて生計を立て、空き時間に筋トレや走り込み、週末に全体練習に参加した。

     身長183センチ、体重90キロと恵まれた体格からの最速148キロの直球が武器だ。大学時代は直球に頼る単調な投球だったが、変化球の制球が良くなり投球の幅が広がった。昨年3月の福岡県連盟会長杯では西部ガス相手に1失点完投したことも入社につながった。

     ダイナミックなフォームで球の重さもあり、野中憲二監督は「あれだけ速いボールを投げられるのは魅力。最終回を任せられるような投手になってほしい」と期待は大きい。本人は「大学を留年し誘われなかったら野球は辞めていた。運が良かった」と巡り合わせに感謝する。つかんだ運を次は自分の力で生かす番だ。【佐野優】

    「泥臭くつなぎ」プロ目指す選手に 九州三菱自動車・千葉翔太外野手

     身長157センチの小柄な体格ながら、状況に応じた粘り強いバッティングを身上とする。「ホームランは打てないが、つなぐ打撃、流れを変える打撃で貢献したい」。特徴を生かして、まずは先発メンバー入りを目指す。

     一躍、有名になったのは、岩手・花巻東高3年生で出場した夏の甲子園だった。ファウルで粘る「カット打法」を武器に高出塁率をマーク。準々決勝では一人で相手投手に41球を投げさせ、4強入りの原動力になった。「体が小さくてもチームに貢献できるのがあの形」。カット打法がバントと判断される可能性も指摘されたが、日大でも泥臭くつなぐ意識を大切にしてきた。

     大学4年の途中まではプロ志望届を提出するつもりだったが、「走攻守、すべての面でレベルアップが不可欠」と周囲とも相談して社会人野球の道を選んだ。九州三菱自動車に決めたのは「都市対抗も狙える実力あるチームで自分を磨きたかった」から。社業を重視する姿勢も「いろいろな経験ができる」とプラスに捉えている。

     比嘉康哲監督(57)は「相手投手が嫌がる打撃ができる。追い込まれてから粘り、攻撃にも厚みが増す」と期待を寄せる。「社会人でもスタイルは変えず、打率よりも出塁率。自分の強みを磨き、またプロを目指せる選手になりたい」。高い目標に向かい、一歩ずつ前に進む。【角田直哉】


    九州の主なチームの新入団選手◇

    【JR九州】

    投手  21 畑中希龍  朝日大

        29 占部雄太  福岡大

    内野手  5 高橋拓也  奈良学園大

    【西部ガス】

    投手  18 岩崎皓介  九州共立大

        19 田中和正  久留米大

    外野手  2 米沢健太郎 八戸学院大

    【九州三菱自動車】

    投手  18 加藤大貴  福岡大

        19 谷川文仁  九州共立大

        20 本田建都  東海大

    捕手  12 平岡孝太  第一工大

    内野手  4 基村侑也  日本ウェルネススポーツ大学北九州

        23 木原一星  福岡大

    外野手 26 千葉翔太  日大

    【ホンダ熊本】

    投手  16 屋比久大人 近畿大産業理工学部

        19 片山雄貴  ホンダ鈴鹿

    捕手  12 馬場雄大  横浜商大

    内野手  8 和田裕生  専修大

    外野手  7 山本竜生  東農大オホーツク

    【鮮ど市場ゴールデンラークス】

    投手  17 浜本翔   広島経済大

        19 合木成嘉  九州共立大

        41 幸松司   JFE東日本

    捕手  21 秋山拓海  浦和学院高

    内野手  0 伊藤優世  国際武道大

         1 井上幸司  国際武道大

        34 石田三四郎 九産大九産高

    外野手 25 池浦稔揮  独協大

    【宮崎梅田学園】

    投手  11 牛丸将希  東海大九州

        21 山城修人  沖縄大

    内野手  0 岡崎大星  桐蔭横浜大

        23 山口栄太郎 沖縄大

    外野手 29 茅島湧太  吉備国際大

    【沖縄電力】

    投手  21 栄野川盛隆 岐阜経済大

    捕手   9 金城海斗  読谷高

    外野手 29 知念佑哉  日体大

        33 仲宗根聖人 九州共立大

    【エナジック】

    投手  18 西村憲   元阪神

    内野手 25 牧田竜輝  明徳義塾高

    ※ポジション、背番号、指名、出身校または前所属の順

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    2. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    3. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
    4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
    5. 北朝鮮 威嚇のち融和 正恩氏の真意は

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]