メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人・大学野球

交流 向上目指し初対抗戦 仙台 /宮城

 東北地区の社会人野球チームと大学野球チームが戦う第1回「東北地区社会人・大学野球対抗戦」(JABA東北地区連盟・東北地区大学野球協会・毎日新聞社主催)が1日、仙台市民球場で始まった。この日の3試合は社会人がすべて勝利した。2日も3試合を行う。

     対抗戦はシーズン最初の大会となる。大学チームにとって、東北地区トップレベルの社会人と対戦することで、将来も野球を続けていく環境に接することができる。社会人と大学双方のレベルアップも開催の目的。

     この日は、七十七銀行が二回に3点本塁打で先制し、青森大(青森)を5-2で降した。JR東日本東北は二回に打者一巡の猛攻で8点を挙げ、東日本国際大(福島)に9-0で快勝した。日本製紙石巻は長短打で得点を重ね、東北福祉大を13-2で制した。青森大の三浦忠吉監督は「オープン戦で真剣勝負ができて良かった」と初の対抗戦に満足そうだった。

     2日の試合は、東北学院大-きらやか銀行(山形)、仙台大-TDK(秋田)、八戸学院大(青森)-日本製紙石巻。【大谷麻由美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    2. JR山田線 最終列車見送る駅長 きょうから5駅で無人化
    3. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
    4. あおり運転 医師逮捕 バイク転ばす、容疑否認 神奈川・伊勢原
    5. みんなの広場 「原爆落ちろ」叫んだあなたへ=高校生・新貝彩菜・18

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]