メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA日立市長杯 県勢2チーム連勝 決勝T進出に王手 /茨城

 社会人野球の第41回JABA日立市長杯選抜野球大会(JABA関東地区連盟、大会実行委員会主催、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など後援)は第2日の14日、日立市民など2球場で、予選リーグ6試合が行われた。2試合連続の2けた安打をマークした日立製作所は、JFE東日本に七回コールド勝ち。新日鉄住金鹿島は代打・堀越の殊勲打で永和商事ウイングにサヨナラ勝ち。ともに2連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた。JX-ENEOSは今大会初の延長タイブレークの末、TDKを降した。【佐藤則夫】

 <日立市民>

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです