メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA岡山大会 JFE西が快勝 オーシャンズは惜敗 /岡山

【三菱自動車倉敷オーシャンズ-JR西日本】五回表三菱自動車倉敷オーシャンズ2死一、二塁、川原の右前打で二塁から森が本塁を突くもタッチアウト=岡山県倉敷市中庄のマスカットスタジアムで、益川量平撮影

 社会人野球の第61回JABA岡山大会(日本野球連盟中国地区連盟、毎日新聞社主催)は第2日の14日、倉敷市のマスカットスタジアムと同市営球場で予選リーグ6試合があった。

     JFE西日本は5-1でツネイシブルーパイレーツを降した。シティライト岡山は三菱自動車岡崎に3-6で敗れ、三菱自動車倉敷オーシャンズもJR西日本に6-7で惜敗した。【益川量平】

     ◆Cブロック

    三菱自動車倉敷オーシャンズ(1敗)

      000005100=6

      50101000×=7

    JR西日本(1勝)

     JR西日本は一回、田村の2点適時三塁打と亀井の2ランなどで5点を先取。その後2点を加え逃げ切った。三菱自動車倉敷オーシャンズは六回、5安打5得点、七回には須増の適時打で1点差に迫るも後続を断たれた。

     ◆Bブロック

    JFE西日本(1勝1敗)

      002011100=5

      000010000=1

    ツネイシブルーパイレーツ(1勝1敗)

     JFE西日本は三木が三回にソロ、五回は犠飛、六回には適時打で計3打点を挙げるなど得点を重ねた。ツネイシブルーパイレーツは五回、中島の中前適時打で1点を返したが、4併殺を喫し攻めきれなかった。

     ◆Aブロック

    シティライト岡山(2敗)

      000002010=3

      00112020×=6

    三菱自動車岡崎(2勝)

     三菱自動車岡崎は2点先行の五回、小室の2点本塁打、七回にも宇部口の適時三塁打などで2点を追加し、リードを守りきった。シティライト岡山は六回に小竹の2ランなどで追い上げたが、投手陣が踏ん張れなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    2. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    3. 山口メンバー書類送検 各テレビ局、出演番組を差し替え
    4. 警視庁 仮面ライダー俳優を再逮捕 強制わいせつ未遂容疑
    5. 北朝鮮 威嚇のち融和 正恩氏の真意は

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]