メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新風

北ガス野球部創設/下 「王国」復活へ切磋琢磨 競合チームも歓迎 /北海道

 「道内社会人球界の再興の芽吹きだ」。北海道ガスの参入について、社会人野球の振興に努めてきたNPO法人・北海道野球協議会の柳俊之理事長はもろ手を挙げて歓迎する。

 電電北海道の投手で、1974年の都市対抗で大昭和製紙北海道に補強選手として加わり優勝に貢献するなど、現役選手のころは道内社会人野球の最盛期だった。しかしバブル崩壊以降は道内経済が冷え込み、休部や廃部が相次ぐ「試練の時代」を見てきた。

 それだけに、室蘭シャークスの企業チーム化に続く今年の大きな動きに、野球王国復活への期待を膨らませて…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1690文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]