メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA日立市長杯を振り返る /茨城

 20日に閉幕した社会人野球の第41回JABA日立市長杯選抜野球大会で準優勝した日立製作所と、準決勝に駒を進めた新日鉄住金鹿島の県勢2チームの戦いぶりを振り返った。【佐藤則夫】

攻撃力で勝ち上がる 投手陣の整備課題 日立製作所

 3年連続決勝進出の原動力は1試合平均7・8点を挙げた攻撃力だった。

 打線の軸だった田中俊太内野手(24)、菅野剛士外野手(24)がプロ入りしたが、全5試合を不動の打順で臨み、うまくかみ合った。和久井勇人監督(55)は「これで打線がほぼ固定できる」と手応えをつかんだ。

 大塚直人外野手(28)、中村良憲内野手(33)、岡崎啓介内野手(28)の右打者を並べた中軸は計25…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1369文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]