メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA日立市長杯を振り返る /茨城

 20日に閉幕した社会人野球の第41回JABA日立市長杯選抜野球大会で準優勝した日立製作所と、準決勝に駒を進めた新日鉄住金鹿島の県勢2チームの戦いぶりを振り返った。【佐藤則夫】

攻撃力で勝ち上がる 投手陣の整備課題 日立製作所

 3年連続決勝進出の原動力は1試合平均7・8点を挙げた攻撃力だった。

 打線の軸だった田中俊太内野手(24)、菅野剛士外野手(24)がプロ入りしたが、全5試合を不動の打順で臨み、うまくかみ合った。和久井勇人監督(55)は「これで打線がほぼ固定できる」と手応えをつかんだ。

 大塚直人外野手(28)、中村良憲内野手(33)、岡崎啓介内野手(28)の右打者を並べた中軸は計25…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1369文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです