メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

日立さくら杯 日立、終盤の反撃遅く 4-6でENEOSに敗れる /茨城

 社会人野球の日立製作所とJX-ENEOS(横浜市)の定期戦「第7回日立さくら杯」(日立市主催)が28日、同市中成沢町の日立市民球場で行われた。約1200人の観客が見守る中、日立製作所は4-6でJX-ENEOSに敗れた。対戦成績は日立製作所の5勝2敗。

     日立製作所は投手陣がJX-ENEOS打線に10安打を浴び、序盤からリードを許した。終盤に代打・田中政則内野手の左前適時打などで追い上げるも反撃が遅かった。

     最高殊勲選手賞に筑波大出身で6回1失点と好投した新人の大場遼太郎投手(JX-ENEOS)、敢闘賞に河野祐斗内野手(日立製作所)、打撃賞に先制アーチを含む3安打を放った岡部通織内野手(JX-ENEOS)が選ばれた。

     定期戦の前に行われた「日立さくら杯ジュニア野球大会」は、日高中が坂本中を5-0で破った。【佐藤則夫】

    JX-ENEOS

      120002010=6

      001000201=4

    日立製作所

     (J)大場、大城、船本、宮崎-小林、柏木

     (日)樋口、徳永、猿川、梅野、西沢、岸本、邑楽-中園、川本

    ▽本塁打 岡部(J)

    ▽三塁打 河野(日)

    ▽二塁打 岡部、山田(J)

    けが克服し好投

     ○…4番手で登板した右腕・梅野が五回の1イニングを無失点で切り抜けた。昨年12月に右肘のクリーニング手術を受け、投球練習を始めたのは3月中旬。肘への不安を拭い去るため、時には1日300球の投げ込みをするなど調整してきた。今季2度目の登板を終え、「腕も振れるし、速球の球質や変化球の曲がりも悪くない。投げるイニング数を増やしながら試合勘を取り戻したい」。6年目の29歳が都市対抗予選に照準を合わせ完全復活を目指す。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ ダルビッシュが故障者リスト入り
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
    3. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入
    4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]