メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

JABA北海道・東北大会 日本製紙全勝、決勝Tへ JR東東北延長制す 七十七銀敗退 /宮城

 社会人野球の第60回JABA北海道大会兼第49回JABA東北大会(日本野球連盟北海道地区連盟、同東北地区連盟、毎日新聞社主催)は12日、仙台市民、石巻市民の両球場でリーグ戦6試合があった。日本製紙石巻はTDK(秋田)に6-3で勝利し、予選リーグ3連勝で決勝トーナメント進出。七十七銀行はJR東海(愛知)に1-2で敗れ、予選リーグ1勝2敗で敗退した。JR東日本東北は延長タイブレークの末、7-6で室蘭シャークス(北海道)にサヨナラ勝ちした。13日も両球場でリーグ戦があり、JR東日本東北は決勝トーナメント進出をかけて仙台市民球場でJX-ENEOSと対戦する。【滝沢一誠】

    大保サヨナラ打

     <石巻市民球場>

     ▽リーグ戦(Aブロック)

    室蘭シャークス

      00000510000=6

      01010001301=7

    JR東日本東北

     (延長十一回、十回からタイブレーク)

     (室)下川原、今崎、鈴木、瀬川、細川-奥野

     (J)岩佐、月田、長谷川、加藤-薗部

    ▽三塁打 小屋畑(室)

    ▽二塁打 大石、田中(室)西川元、夷塚、森(J)

     JR東日本東北は3点を追う九回裏、一気に3点を取って追い付き、延長タイブレーク戦に突入。十一回裏、大保が満塁で適時打を放ち、サヨナラ勝ちした。室蘭シャークスは六回に一挙5点を取ったが、競り負けた。

    序盤速攻で6点

     <石巻市民球場>

     ▽リーグ戦(Cブロック)

    日本製紙石巻

      213000000=6

      010011000=3

    TDK

     (日)米谷、宝利、相内、中島、小原-薄井、益子

     (T)小野、中島、阿部、小木田-小坂井

    ▽二塁打 浅沼(日)皆川、夏井(T)

     日本製紙石巻が序盤に得点を重ね逃げ切った。浅沼が初回に適時二塁打を放ったほか、三回には片野、井上の連続適時打で差を広げた。TDKは小刻みに加点したが、好機で打線がつながらなかった。

    重圧はねのけ快打

     ○…三回表2死一、二塁、日本製紙石巻・片野の安打が、敵失も絡んで走者2人を生還させた。「前の打席でバントに失敗し、プレッシャーを感じた」という22歳新人が、好機を確実につかんだ。「雰囲気の良さに引かれて入部を決めた」という片野。決勝トーナメントに向け「俊足が自分の持ち味。盗塁など足を使ったプレーで貢献したい」と抱負を語った。

    五回以降打てず

     <石巻市民球場>

     ▽リーグ戦(Bブロック)

    七十七銀行

      010000000=1

      01100000×=2

    JR東海

     (七)鈴木貴、田辺-石井

     (J)若林、喜久川、中山、秋葉、戸田-牛場

    ▽二塁打 長谷川、長田(七)中田2、秋田(J)

     七十七銀行は二回、長谷川、長田の連続二塁打で1点を先制したが、その裏に追い付かれ、三回にも長打を浴びて勝ち越しを許した。五回以降は凡退が続き、二塁を踏めなかった。JR東海は5人の継投が功を奏した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]