メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

東海地区2次予選 西濃運輸応援部、40人が練習に熱 /岐阜

西濃運輸野球部の勝利を願って練習に余念がない応援部=大垣市田口町で

 愛知県岡崎市で20日に開幕する「第89回都市対抗野球大会東海地区2次予選」に出場する西濃運輸をスタンドから盛り上げようと、応援部の練習も熱を帯びている。西濃運輸グラウンド(大垣市田口町)の選手寮では、男女合わせて40人の団員が連日、声合わせなどに余念がない。

     初練習は4月12日。部員たちは、連日午後5時半に集合し、約1時間全体練習をする。最初は男女分かれて腕の振りやかけ声の出し方などに取り組んだが、現在は一回から九回までの試合を想定した合同練習の段階に入った。

     団員の中には18人の新人がおり、当初は呼吸が合わなかったが、今では腕の振りもそろい、息もピッタリ。タイ出身で新人の竹田奈津美さん(27)は「踊ったことがなく最初は難しかったが、今は楽しく踊ることができます」と汗を拭う。今年から団の指揮を執る高井聡樹(そうじゅ)団長(26)は「本番が待ち遠しい。全力で応援したい」と意気込んだ。【渡辺隆文】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]