メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

都2次予選 19日から熱戦 都野球連盟の平賀事務局長、企業チーム分析

東京ガスの4番・笹川=神宮球場で2017年5月30日、渡部直樹撮影

 第89回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の都2次予選が19日から、府中市民球場とメットライフドーム(埼玉県所沢市)で始まる。

 企業チームは1次予選を勝ち抜いた東京ウェルネススポーツ大学東京に加え、東京ガス、JR東日本、セガサミー、明治安田生命、鷺宮製作所の計6チームが出場する。

 一方、クラブチームはともに2年連続の出場となるゴールドジムベースボールクラブとREVENGE99が「打倒企業」に燃えている。2次予選では敗者復活トーナメントなどを経て、7月13日に東京ドームで開幕する本大会に出場する上位4チームが決まる。

 また、昨年の本大会で36年ぶり2回目の優勝を飾ったNTT東日本は2次予選を免除され、すでに本大会出場が決まっている。熱戦が予想される2次予選を前に、都野球連盟の平賀利彦事務局長に企業チームを分析してもらった。【川村咲平】

この記事は有料記事です。

残り2112文字(全文2491文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  2. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  3. 特集ワイド 児玉龍彦東大名誉教授 日本の対策「失敗」 第2波へ検査拡充せよ コロナの実態把握訴え

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです