メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野球

伝説のサヨナラ弾、再戦 BCリーグ富山・伊藤智監督、経験をファン開拓へ 来月、篠塚さん快諾

25年前の試合を振り返る伊藤智仁さん=石川県七尾市で、岩壁峻撮影

 「伝説のサヨナラ弾」から25年。プロ野球・ヤクルトの元投手で、今季、独立リーグ・BCリーグ富山の監督に就任した伊藤智仁さん(47)が6月2日、元巨人内野手で野球解説者の篠塚和典さん(60)と1打席限りの勝負に挑む。1993年6月、石川県立野球場(金沢市)での巨人戦で当時セ・リーグタイ記録の16奪三振をマークしながら、篠塚さんにサヨナラ本塁打を浴び敗れた。因縁の対決はBCリーグの信濃戦前のイベントとして、富山市の県営富山野球場で行われる。【岩壁峻】

     社会人野球の三菱自動車京都からドラフト1位でヤクルトに入団した93年、伊藤さんは6月9日の巨人戦に先発し、高速スライダーを武器に三振の山を築いた。0-0で迎えた九回。16個目の三振を奪った直後、打席に立ったのが篠塚さんだ。当時35歳で巧打のイメージが強い篠塚さんに、伊藤さんは「そこまで長打を警戒していなかった」。内角高めに上ずった150球目。篠塚さんの打球は低い軌道で右翼席へ。マウンドでへたり込んだ伊藤さんの姿は、今も語り草だ。

     7月に右肘を負傷し、戦線を離脱したが、7勝を挙げた前半戦の活躍で93年の新人王に輝いた。右肩を計3度手術するなど、故障と闘い続け、2003年に引退。その後、昨季までヤクルトの投手コーチを務めた。

     「いったん外から野球を見よう」。現場を離れることを考えていた中で、富山から監督就任の要請を受けた。独立リーグには、日本野球機構(NPB)を目指す若手が多く在籍する。「プロで培ってきた経験を伝えるのも、自分の役目だろう」と決意した。

     だが、観客数が少ないというBCリーグの現実にも直面した。今月27日に石川県七尾市で行われた石川戦は368人だ。

     そこで思い立ったのが今回の企画。「野球に親しんでもらうきっかけになれば」と、篠塚さんの快諾を得て実現にこぎつけた。かつての悲劇をファン開拓の切り札に。伊藤さんは「大勢の人に野球に興味を持ってもらいたい」と、「再戦」のマウンドに上がる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    3. 地震 大阪府北部で震度6弱
    4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]