メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

2次予選 東海 JR東海・津川 待望、中軸の役目

 (2次予選・9日)

 JR東海の5番・津川は今予選、打撃好調も打点がなかったことを気にしていた。「クリーンアップの仕事を果たせていない」。この日は勝ち越し打も含め2打点。中軸の役目を果たし、笑顔が絶えなかった。

 同点の三回1死一、二塁。チェンジアップに対応して左前適時打とした。五回2死一塁からは、高めの変化球を捉え、右翼フェンス直撃の二塁打。貴重な追加点をもたらした。

 日産自動車、パナソニックを指揮した久保監督が昨年12月に就任。やる気を引き出そうとする指揮官に乗せられてチームの雰囲気も明るくなり、今季はJABA日立市長杯を制した。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. クルーズ船待機 危機感薄く、感染広がり…いらだつ政府高官 内閣支持率への影響懸念も

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです