メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

中国予選 JR西が第2代表 JFE西にサヨナラ勝ち /広島

本大会出場を決め、花本監督を胴上げし喜ぶJR西日本の選手と、万歳するスタンドの応援団=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで、真栄平研撮影

 第89回都市対抗野球大会中国予選(日本野球連盟中国地区連盟、毎日新聞社主催)は大会最終日の12日、山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで第2代表決定戦があり、JR西日本(広島市)がJFE西日本(福山市・岡山県倉敷市)を4-3のサヨナラで降し、3年連続4回目の本大会出場を決めた。第1代表・伯和ビクトリーズ(東広島市)とJR西日本は、7月13日に東京ドームで開幕する本大会に挑む。敢闘賞はJR西日本の加賀美希昇投手、首位打者賞はシティライト岡山(岡山市)の岩重章仁選手(打率6割4分7厘)が獲得した。【真栄平研】

     ▽第2代表決定戦

    JFE西日本(福山市・倉敷市)

      000002001=3

      001200001=4

    JR西日本(広島市)

     (F)河野、中川、谷中、小林-浦、高田

     (R)西川、加賀美-原田広

    ▽二塁打 三木2(F)佐藤(R)

    【JFE西日本-JR西日本】九回裏JR西日本1死一、二塁、佐藤が左越えのサヨナラ二塁打を放つ=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで、真栄平研撮影

     JR西日本は三、四回に盗塁で突破口を開き、適時打などで計3点を先取。同点の九回1死一、二塁、佐藤の左越え二塁打でサヨナラ勝ちした。JFE西日本は六回に古田の中前2点適時打で反撃し、土壇場の九回に三木の適時二塁打で同点に追いつくも、及ばなかった。

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月13日の試合

    話題の記事