メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

2次予選 中国第2・JR西日本、4回目 32代表出そろう

 (2次予選・12日)

 第89回都市対抗野球大会(7月13日から12日間、東京ドーム)に出場する32チームが12日、出そろった。中国は広島市・JR西日本が第2代表決定戦でサヨナラ勝ちし、3年連続4回目の出場を決めた。組み合わせ抽選は17日に行われる。

 初出場は2012年創部の岩手県金ケ崎町・トヨタ自動車東日本のみ。連続出場は前回と同じ22チームで、最長は川崎市・東芝の10年連続。出場回数では門真市・パナソニックの52回が最多となった。

 前回大会で36年ぶり2回目の優勝を果たした東京都・NTT東日本は12、13年の横浜市・JX-ENEOS以来、史上6チーム目(7回目)の大会連覇を狙う。このほか優勝経験があるのは9チームで、東芝は歴代2位の7回、狭山市・ホンダは2回を数える。

この記事は有料記事です。

残り1582文字(全文1922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです