メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第89回都市対抗野球 32代表の横顔/1

NTT東日本の投手陣の柱となる堀=喜屋武真之介撮影

 第89回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は、7月13日から12日間、東京ドームで開かれる。連覇を狙う東京都・NTT東日本をはじめ、優勝旗の黒獅子旗を目指す32代表を紹介する。

2年目の堀が軸 東京都・NTT東日本(推薦) 3年連続42回目

 4月のJABA四国大会、日立市長杯で4強入りし、5月の北海道兼東北大会で優勝。飯塚監督は「手応えは十分」と言い切る。投手陣は、前回大会で若獅子賞(新人賞)に輝いた2年目の堀が軸。186センチの長身から投げ下ろす直球と多彩な変化球のコンビネーションに磨きがかかってきた。加えて4年目左腕・沼田の安定感が増し、右肘を痛めていた末永も5月に復帰。駒はそろっ…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文759文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです