メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 19歳で2試合完投、若獅子賞 元大分市・新日鉄大分投手 岩切利浩さん

速球とシュートで勝負 岩切利浩さん(53)

 無名の19歳が、強気のマウンドさばきでファンをうならせた。入社2年目だった第55回大会(1984年)で全3試合に先発し、1、2回戦で連続完投。5年ぶり2回目の出場だったチームを初の8強に導き、若獅子賞(新人賞)に輝いた。

 初戦は浦和市(現さいたま市)・日本通運に4点を失ったが、許した安打は3本のみ。前年4強の優勝候補を破って勢いづくと、神戸市・三菱重工神戸(現三菱重工神戸・…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです