メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第89回都市対抗野球 32代表の横顔/8

第1代表決定戦で本塁打を放ったホンダの佐藤=玉城達郎撮影

投打充実で勢い 狭山市・ホンダ(南関東第1代表) 2年連続32回目

 投打に充実し、3年ぶりの第1代表に返り咲いた。岡野監督は「負ける気がしなかった」と振り返ったほどだ。

 打線は2次予選3試合で計25得点。中心は共に2年目の佐藤と木浪だ。4番の佐藤は打率4割1分7厘で、日本通運との第1代表決定戦で試合を決定づけるソロ本塁打をマークした。1番・木浪はチームトップの4打点と勝負強い。

 投手陣は、2年目右腕の斎藤が軸。駒大出身の新人左腕・東野も存在感を示した。JFE東日本との準決勝で…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文645文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです