メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第89回都市対抗野球 32代表の横顔/15

打たせて取る投球が光った信越クの高橋=石川裕士撮影

全員野球を体現 長野市・信越ク(北信越代表) 2年ぶり23回目

 控え選手を含めた全員野球で3試合を勝ち抜いた。辻監督の掲げる「一致団結」「勝利への執念」の今季スローガンを体現した。

 27歳右腕・高橋が柱。かつての速球派の面影はなく直球は球速130キロ台前半だが、多彩な変化球を交えて打たせて取り、千曲川クとの代表決定戦では1安打完封した。3年目の技巧派左腕・増渕、4年目右腕・三森らが救援陣を形成する。

 打線はチーム打率2割5分3厘と低調だったが、少ない好機を生かした。4年目の1番・柳は巧打者。独立リ…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです