メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

躍動の予感

第89回都市対抗野球 32代表の横顔/15

打たせて取る投球が光った信越クの高橋=石川裕士撮影

全員野球を体現 長野市・信越ク(北信越代表) 2年ぶり23回目

 控え選手を含めた全員野球で3試合を勝ち抜いた。辻監督の掲げる「一致団結」「勝利への執念」の今季スローガンを体現した。

 27歳右腕・高橋が柱。かつての速球派の面影はなく直球は球速130キロ台前半だが、多彩な変化球を交えて打たせて取り、千曲川クとの代表決定戦では1安打完封した。3年目の技巧派左腕・増渕、4年目右腕・三森らが救援陣を形成する。

 打線はチーム打率2割5分3厘と低調だったが、少ない好機を生かした。4年目の1番・柳は巧打者。独立リ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. 熱中症か 北海道と宮城の男性が死亡
  3. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです