メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

社会人野球・監督考 春日井市・王子 稲場勇樹氏

稲場勇樹氏

役立ったマネジャー経験

 --2年ぶりの本大会出場を果たした。

 ◆監督就任1年目で4強入り。2年目も1勝したが、昨年は油断があった。守備のチームなので、2次予選前に、7分間のシートノックで全員がノーエラーで終える練習を1週間した。送球ミスなどがあったら初めから。長いときは3時間かかったが、選手は気持ち的に強くなった。

 --たくぎんでは休部を経験し、王子製紙苫小牧では春日井への統合も味わった。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文811文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです