メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 第59回大会優勝時に橋戸賞 元川崎市・東芝捕手 高見泰範さん

第59回大会1回戦で京都市・日本新薬に1点差で勝利し、喜ぶ川崎市・東芝の高見(右)、保戸田のバッテリー=東京ドームで1988年7月31日

駆け引き大事にして 高見泰範さん(54)

 東京ドーム元年となった1988年の第59回大会。東芝の正捕手としてチームを3度目の優勝に導き、捕手としては史上2人目の橋戸賞を獲得した。「守りを評価されての受賞と思っている。打った記憶はほとんどない」というが、16打数9安打と打撃も光った。

 前年の第58回大会は決勝で浜松市・ヤマハに敗れて準優勝。捲土(けんど)重来を期し、対戦相手が決まると、打者の研究に没頭した。全5試合…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです