メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

主役たちの今 第59回大会優勝時に橋戸賞 元川崎市・東芝捕手 高見泰範さん

第59回大会1回戦で京都市・日本新薬に1点差で勝利し、喜ぶ川崎市・東芝の高見(右)、保戸田のバッテリー=東京ドームで1988年7月31日

駆け引き大事にして 高見泰範さん(54)

 東京ドーム元年となった1988年の第59回大会。東芝の正捕手としてチームを3度目の優勝に導き、捕手としては史上2人目の橋戸賞を獲得した。「守りを評価されての受賞と思っている。打った記憶はほとんどない」というが、16打数9安打と打撃も光った。

 前年の第58回大会は決勝で浜松市・ヤマハに敗れて準優勝。捲土(けんど)重来を期し、対戦相手が決まると、打者の研究に没頭した。全5試合…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです