メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊都市対抗

黒獅子旗かけ13日開幕 キーマンは補強選手

小木田敦也投手=高野裕士撮影

 社会人野球の第89回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は13日、東京ドームで開幕する。都市対抗ならではの制度が補強選手だ。代表を逃した同一地区のチームから最大3人を補強できる。今大会は、前年優勝で推薦出場の東京都・NTT東日本を除く31チームに計82人。優勝旗「黒獅子旗」の行方を大きく左右するキーマンに焦点を当てる。

 2年目右腕の最大の武器は最速153キロの速球だ。

 173センチ、79キロと特に恵まれた体格ではない。なぜ速い球が投げられるのか、自分でもうまく説明できないが、性格は「負けず嫌い」。気持ちで相手を上回る投球が球速を上げさせるのか。

この記事は有料記事です。

残り2021文字(全文2303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです