メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

九州勢の底上げへ 四半世紀ぶり選抜編成

 社会人野球の九州選抜が約四半世紀ぶりに編成された。背景には近年の九州勢の不振があり、日本野球連盟九州地区連盟は所属チームの枠を超えた底上げにつなげたい考えだ。

 都市対抗野球に出場するホンダ熊本(大津町)、西部ガス(福岡市)などから計24人を選出。6月22日に大分県佐伯市の佐伯球場で、社会人日本代表とオープン戦を行った。

 同地区連盟によると、九州選抜は台湾遠征などを実施したこともあるが、1990年代前半を最後に編成され…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  4. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです