メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

県内2チーム、熱く 伯和ビクトリーズ・JR西日本の監督の話 /広島

スタイル貫く 東賢孝監督

 8選手が新加入し、若返ったことで結束が強まった。予選では1試合ごとに若手が成長しているのを実感し、特に平岡は堂々たるエースに成長した。平岡が軸になったことでチームに一体感が生まれた。初戦は強豪が集う東京都で出場権をつかみ取った鷺宮製作所。手強いが、自分たちのプレースタイルを貫きたい。

    挑戦者精神で 花本輝雄監督

     JABA京都大会で連敗し、不安を抱えて県予選に臨んだ。しかし予選が始まると選手たちは気持ちを切り替えて、接戦でも勝利をつかみ取ってくれた。対戦相手のJR北海道クラブは、守備力の整ったチームという印象を持っている。まず初戦を突破し、一戦一戦チャレンジャー精神を忘れずに乗り切りたい。

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月16日の試合

    話題の記事