メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

都市対抗出場・トップに聞く NTT西日本・小林充佳社長(60)/東芝・車谷暢昭会長(60)

NTT西日本 小林充佳社長

 掲げた目標は「優勝」。NTT西日本としてベスト8を3回経験したものの、最近は2年連続で初戦敗退を喫している。しかし、就任したばかりの新社長は「本気です」と笑みを見せる。

 予選では、歴代最多の出場回数(59回)を誇る日本生命にサヨナラ勝ちして、近畿地区で最後の枠となる第5代表をつかんだ。「第5代表だからいいんです。苦しみながら、ピンチをチャンスに変えてきた。その経験は選手たちの自信になる」。理想は雑草のようにたくましい選手がそろうチームだ。世代交代が進む中、「若手には、もまれて一戦一戦成長してほしい。まずは初戦突破。そして勢いに乗ってその上へ」と期待する。

 持ち株会社NTTの常務だった昨年は優勝したNTT東日本のビールかけも経験。その際、勝利の余韻に浸りつつ「自分が長年働いてきたNTT西日本にも(優勝旗の)黒獅子旗を」との思いを募らせたという。今大会では始球式の投手役も任されており、「びしっと真ん中に投げて、選手たちにエールを送りたい」。(大阪市)【加藤美穂子】

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 東邦ガスに頼れる25歳が復帰 高校、大学で日本一を知る藤浪と同期のあの男

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです