メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

「頂点目指し飛躍を」 スバル壮行会に120人 太田 /群馬

 13日に開幕する第89回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に太田市代表として出場するSUBARU(スバル)硬式野球部を励ます祝賀・壮行会が10日、太田市内で開かれた。市、太田商工会議所などが主催し、約120人が快進撃を願った。

     清水聖義市長は「太田はスバルで名前を売っている。長く試合をやってもらいたい」と激励。太田商議所の正田寛会頭は「市民一丸となって応援する」と期待を寄せた。JABA県野球連盟副会長の山根浩二・毎日新聞前橋支局長は「頂点目指し、さらなる飛躍を」と呼びかけた。

     チームを代表し竹田育央主将(29)が「目標は東京ドームで勝つこと。市民、会社とそのグループに元気、勇気、感動を分かち合いたい」と活躍を誓った。本大会の通算成績は22勝26敗。間島満部長は「決勝で勝てば5勝。今回で勝ち越したい」と意気込みを見せた。

     スバルは3年ぶり27回目の出場。14日の大会第2日第1試合(午前10時半開始)の1回戦で愛知県春日井市代表の王子と対戦する。【阿相久志】

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月18日の試合

    話題の記事