メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7年目の挑戦

都市対抗野球 初出場・トヨタ自動車東日本/下 測定器で目標数値化 「先輩」チームに学び /岩手

 6月の都市対抗野球2次予選東北大会で、チームとして4割近い打率を残し、防御率2・33をマークしたトヨタ自動車東日本(金ケ崎町)。創部7年目での本大会初出場へと成長を促したのは、グループ企業で本大会優勝経験があるトヨタ自動車(愛知県豊田市)での研修だった。

 昨年10月、4日間の日程で実施。トヨタ自動車硬式野球部の練習方法やチーム作りを学び、選手から技術指導を受けたり、コーチやトレーナーにトレーニング方法を聞いたりした。

 羽田野恭平選手は野手代表として参加。そこで教わったのが、スイングスピードの計測だった。チーム内での…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです