メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宮迫さんら処分撤回 吉本興業社長が表明
躍動

都市対抗野球/下 JR西日本(広島市) 屈辱が生んだ結束 /広島

佐藤直樹選手の左越え二塁打で二塁から原田拓実選手(背番号28)が生還し、サヨナラ勝ちに沸くJR西日本の選手ら=山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで、真栄平研撮影

 6月12日の中国予選第2代表決定戦。JR西日本は3対3の同点で迎えた九回裏1死一、二塁から、佐藤直樹選手(19)が左越え二塁打を放ち4対3でサヨナラ勝ちを収めた。ホーム付近に歓喜の輪ができる。佐藤選手は「『何とかしなきゃ』と思っていたが、正直きつかった。バットを振る時は何も考えていなかった」と笑う。

 対戦したJFE西日本には、決勝トーナメント1回戦で0対1と零封されている。この日も3点リードしなが…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文941文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  3. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです