メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

きょう開幕 黒獅子旗へ熱戦 県からホンダと日通 /埼玉

 第89回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は13日、東京ドームで開幕する。県勢は2年連続32回目の出場となるホンダ(南関東第1代表、狭山市)と、4年連続43回目の出場の日本通運(同第2代表、さいたま市)が黒獅子旗(優勝旗)を目指して戦う。

     両チームはJFE東日本(千葉市)から補強選手を迎えた。ホンダは辻佳明投手と中澤彰太外野手。岡野勝俊監督は辻投手について「右のサイドスローからのボールに、うちの打者も打ちあぐねていた」と評価。中澤外野手については「打力があって肩も良く、どのポジションでも守れる」と話す。

     日本通運は2年連続で左打者の内藤大樹外野手を加えた。藪宏明監督は「外野手の左打者の調子が良くないので補ってもらいたい」と期待をかける。

     ホンダは大会第2日の14日、第3試合で四国代表のJR四国(高松市)と対戦。日本通運は第3日の第1試合で九州第1代表のホンダ熊本(大津町)と対戦する。大会期間中はテレビ埼玉で午後11時から当日の試合のダイジェストを放送する。【中川友希】

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月21日の試合

    話題の記事