メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業とスポーツ

都市対抗出場・トップに聞く NTT東日本・井上福造社長/三菱日立パワーシステムズ・安藤健司社長

NTT東日本 井上福造社長(63)

野球は結束の象徴 NTT東日本・井上福造社長(63)

 昨年、36年ぶりに2度目の優勝を果たし、今年は連覇を目指す。優勝後に主力だった投手と野手の3選手がプロ入りし、今のチームに飛び抜けたスターはいない。しかし、「補強もうまくいき、ベテラン、中堅、若手のバランスが取れてチーム力は高い」と胸を張る。

 民営化でNTTが発足する約1年前に総裁室広報総括として、企業のイメージ戦略を担うCI(コーポレート・アイデンティティー)を担当した。都市対抗野球の応援などを通じて、社員に会社のシンボルマークや社歌を浸透させたのが懐かしい思い出だ。

 グループ内にはさまざまな職種があり、社員数は4万人を超える。それだけに野球をはじめとする企業スポー…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文931文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです