メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

東京ドームできょう開幕 恒例の「都市対抗まつり」 全国のごちそう集結

来場者でにぎわう昨年の物産展

 今年も都市対抗野球が東京ドームで13日に開幕し、24日まで熱戦を繰り広げる。全国各地の予選を勝ち抜いた、都市の代表チームによる12日間のトーナメント戦。大人の甲子園ともいわれるこの大会は、チームも応援席も、全身全霊の戦い。会場でその感動を味わってほしい。

     熱い戦いを更に熱く盛り上げるイベントが同時に開催される。毎年恒例の「都市対抗まつり」は、物産展あり、パネル展あり、地元やチームのキャラクターも来場する「ゆるキャラ(R)まつり」あり。特に物産展は地元の特産品を持って、全国の自治体が出展。日本のごちそうの宝庫となるこの物産展、東京では珍しい品々が集結する。2006年から始まった「都市対抗まつり」は今年で12回目を迎える。真夏の東京ドームは「都市対抗」が熱い!!

    物産展あすから

    昨年の物産展でイベントに参加する子供たち

     都市対抗の名物となった人気イベント、都市参加型の物産展を今年も開催する。東京ドームメインの22番ゲート前の特設ブースに、全国から自治体・団体が毎日代わる代わる出展し、各地の特産品や名産品、オリジナルグッズなどを販売する。ブースを順番に見ていくだけでも、全国を旅行しているような気持ちになれる。あなたの地元も出展しているかもしれない。東京ドームに、ふるさとを見つけにきてほしい。

     今年は高崎市(群馬県)が名物の「だるま」を携えて初出展。手のひらサイズのだるまに自分で好きな色を塗って、職人さんに名前や好きな文字を書いてもらえるイベントも同時開催。自分の応援チームのユニホーム柄に塗ったり、お土産用にプレゼントしたい人の名前を書いてもらったり、世界に一つしかない、だるまを作ってみてほしい。

     毎年出展準備段階からあっという間に売れていく鮮度抜群の野菜や果物にも大注目だ。沼田市(群馬県)や桑折町(福島県)が野菜や果物の出品を予定している。桑折町が販売を予定している「桃」などは、売り切れ必至だ。野菜や果物を入手するには午前中がお勧めだ。その他にも、ゆずが名産の毛呂山町(埼玉県)が「桂木ゆずしぼり」や「桂木柚子(ゆず)のゼリー」など、ビタミン豊富な品々が夏の私たちを元気にしてくれる。

     近年連続参加の大垣市(岐阜県)は毎年売り切れの「はちみつ」を今年も出品予定だ。フレーバーの違う国産「はちみつ」は、男性客にも大人気。一度購入してそのおいしさを知ったリピーターが増えている。最近のレトルトカレー人気もあいまって、各地からオリジナルカレーも集結。多気町(三重県)の「松阪牛入り元丈薬膳カレー」、大垣市の「飛騨牛カレー」、尾花沢市(山形県)の「はいからさん通りのカリーパンのカレー」と、どれも一度は食べてみたいものばかりだ。今年は土産用のご当地ラーメン、ご当地うどんの対決も熱い。ラーメンでは根強い人気の久留米市(福岡県)の「大砲ラーメン」「久留米ラーメン」、洲本市(兵庫県)の「淡路島ラーメン」、佐久市(長野県)の「佐久平ラーメン」。うどんでは、新座市(埼玉県)の「にんじんうどん」、尾花沢市の「蔵王の銀嶺うどん」、桐生市(群馬県)の「ひもかわうどん」と、都内で入手困難な名品がそろう。全国の逸品をぜひ都市対抗のお土産にしてほしい。(※出品商品は変更になることがあります)

    物産展出展スケジュール(出展日は予定)

    14日(土)  大垣市(岐阜県)、鹿児島市、沼田市(群馬県)、洲本市(兵庫県)、佐久市(長野県)、桐生市(群馬県)、豊川市(愛知県)

    15日(日)  大垣市、鹿児島市、沼田市、洲本市、桐生市、豊川市

    16日(月・祝)大垣市、高崎市(群馬県)、尾花沢市(山形県)、洲本市、塩尻市(長野県)、豊川市

    17日(火)  大垣市、高崎市、尾花沢市、岩手県、北上市(岩手県)、大槌町(岩手県)、塩尻市、さいたま市

    18日(水)  大垣市、高崎市、尾花沢市、岩手県、北上市、大槌町、新座市(埼玉県)、村上市(新潟県)

    19日(木)  多気町(三重県)、毛呂山町(埼玉県)、尾花沢市、岩手県、北上市、大槌町、泉佐野市(大阪府)、村上市

    20日(金)  多気町、久留米市(福岡県)、尾花沢市、岩手県、北上市、大槌町、泉佐野市、大桑村(長野県)

    21日(土)  幸手市(埼玉県)、桑折町(福島県)、尾花沢市、岩手県、北上市、大槌町、久留米市、泉佐野市、大桑村

    22日(日)  鎌ケ谷市(千葉県)、桑折町、尾花沢市、岩手県、北上市、大槌町、泉佐野市、大桑村


    会場の華 応援団コンクール

    昨年応援団コンクール大会期間賞で最優秀賞を受賞した東京都・NTT東日本の大応援団と選手たち

     都市対抗の感動ポイントの一つはやはり応援団。熱気あふれる応援、息の合ったパフォーマンス。素晴らしい応援団を表彰する第56回応援団コンクールを今回も実施します。チームとともに勝利を目指し、試合とドームを盛り上げる応援合戦にもご期待ください。

    <選考基準>

     (1)チームの健闘に大きく貢献した応援団(2)郷土色を見事に盛り込んだ演出(3)リーダーの統率がとれ、マナーの良かったもの(4)すぐれたパフォーマンスで会場を沸かせたもの

    <表彰>

     ファーストステージ賞=1回戦出場32チームからトップ賞、優秀賞、敢闘賞を贈る▽大会期間賞=2回戦以上進出のチームから選出。大会期間を通じて最優秀賞、優秀賞、敢闘賞を決め、大会最終日の閉会式で表彰

    <選考方法>

     大会運営委員会が委嘱した委員によって審査


    都市対抗だよ!キャラクター集合

    人気キャラクターが集まった昨年の撮影会

     今年も全国の地域や企業の顔となっている人気キャラクターたちが、都市対抗野球大会に集まります。毎年大盛況の「都市対抗ゆるキャラ(R)まつり」は、有名公式キャラクターから、ちょっとレアなキャラクターまで大集合します。

     キャラクターたちは、グラウンドやスタンドで始球式や応援を盛り上げます。また、試合の間には2階のコンコースでお客様たちと触れ合い、撮影会も開催します。第1試合、第2試合それぞれ試合終了後15分程度。

     今年の撮影会には横浜市西区「にしまろちゃん」、川崎市消防局「太助」などが参加予定。

     毎日違うキャラクターが登場します。お楽しみに。

    前回大会の名場面、写真パネルで再現

    昨年のパネル展の様子

     東京ドームシティに大きな写真パネルが登場する。昨年の名場面を毎日新聞社の写真で再現。今年の本大会出場全チームのメッセージと写真も目の高さで展示。予選の模様を報じた毎日新聞紙面など、約60枚のパネルが都市対抗の魅力を伝える。これを見れば本大会の注目ポイントが一目瞭然だ。

    森永乳業・大塚製薬、選手らに賞品贈呈

     森永乳業の協賛で、ホームランを打った選手にホームラン賞として、完封した投手にシャットアウト賞として、森永ビヒダスヨーグルトが贈られる。

     大塚製薬からは優勝、準優勝チームそれぞれに、ポカリスエット、ポカリスエットゼリーと、コンディショニング栄養食のボディメンテゼリーが贈呈される。また、2回戦から準決勝第1試合までの家族始球式参加者にはポカリスエットスポーツセットが贈られる。

    野球殿堂博物館 黒獅子旗を展示

     東京ドーム21番ゲートに隣接する野球殿堂博物館では、大会開催にあわせて24日まで都市対抗の展示を開催。出場全チームの帽子や歴代黒獅子旗が展示される。決勝戦開催の24日15時より、山中正竹氏によるトークイベントが開催される。詳しくは同館ホームページ(http://www.baseball-museum.or.jp/)で。

    「西日本豪雨災害」救援募金ご協力を

     22番ゲート内コンコースで、「西日本を中心とした豪雨災害の救援募金」を行います。ご協力お願いします。


    テレビ放送(予定)※変更の場合あり

     ◆中継

    <NHKBS1>決勝を生中継

    <JSPORTS(BS/CS放送)>全試合生中継

    <東京ケーブルネットワーク・地デジ10チャンネル(CATV)>全試合生中継

     ◆ダイジェスト

    期間中、全31試合のダイジェストを放送

    <テレビ埼玉・とちぎテレビ、群馬テレビ、テレビ神奈川>23:00~23:30

     ※群馬テレビは17、18、24の3日間のみ23:30~24:00

    <千葉テレビ>23:30~24:00

    <JSPORTS>放送時間はホームページをご覧ください。

    毎日新聞ニュースサイトで全試合をライブ中継します(https://mainichi.jp/ama-baseball/kurojishi/)

     ※今年から東京ケーブルネットワークの中継全31試合を、1試合ごとのDVDとして毎日新聞社のネット通販サイト「毎日プレミアムモール」で販売します。1試合1万2960円(送料手数料込み、消費税込み)ネット販売のみ。申し込み締め切りは8月20日18時。詳しくはhttp://premo.mainichi.co.jp/をご覧ください。


     私たちは、第89回都市対抗野球大会に協賛しています。株式会社マイナビ 三菱商事株式会社

    関連記事

    あわせて読みたい

    毎日新聞のアカウント

    7月16日の試合

    話題の記事