メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第89回都市対抗野球

広島の2チーム、喪章で開会式 悲しみの地元に光を 「あきらめない姿見せる」

土砂が流れ込んで道路で動けなくなったタクシーを協力して移動させる伯和ビクトリーズの選手ら=東広島市八本松西で2018年7月7日、伯和ビクトリーズ提供

 東京ドームで13日に開幕した第89回都市対抗野球大会に、西日本豪雨で最も大きな被害を受けた広島県から2チームが出場している。東広島市・伯和ビクトリーズと広島市・JR西日本。両チームは話し合い、肩に喪章を付けて開会式に臨んだ。「野球をしていていいのだろうか」と葛藤を抱えながらも「地元に少しでも明るい話題を」と活躍を誓う。【石川裕士、前本麻有】

 雨が激しくなった6日夜。伯和ビクトリーズは東広島市の寮で合宿中だった。東賢孝(あずまやすたか)監督…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文932文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです